SEOの知恵袋ではSEOのコツを少しずつ発信しています
リライトの時期とSEOを改善する方法

リライトの時期とSEOを改善する方法

リライトが必要な理由

リライトが必要な理由

サイトに投稿した記事が最初から狙ったキーワードで検索1位になることはほとんどありません。

そこで重要なのが記事のリライトです。

リライトをすることによって記事のキーワードや内容を最適化できるのでSEOの改善に繋がります。

SEOのためのリライトをするときは次の3つのことを考えてください。

  1. リライトの時期
  2. 検索意図の最適化
  3. 最新のSEO情報

注意が必要なのは3の最新のSEO情報です。

リライトは記事の書き直しではなくSEOのための更新という側面があるので、最新のSEO情報を知らなければ間違った対策になりかねません。

具体的にポイントを整理するとこのようになります。

リライトのポイント コツ
リライトの時期 Google検索結果にインデックスしてから2か月から3か月をリライト時期の目安にする。
検索意図の最適化 Search Consoleを確認し、狙ったキーワードと順位付けられた検索キーワードが同じかを確認して違っていたら検索意図に沿ったリライトをする。
最新のSEO情報 コアアップデートがあればアルゴリズムが変更されるので、アップデート情報を集め最新のSEO情報に沿う形にするためのリライトを行う。

リライトする時期について調べる人は多いですが、記事をインデックスしてすぐに100位圏内に入っている場合、2か月程あとに検索順位の変動が始まることがよくあるので、しばらくの間は手を加えずに順位変動を見守ることをおすすめします。

しかし、インデックスから1か月経っても検索順位が100位圏内に入らないときはキーワード選定や記事内容に問題があることが多いのでリライトが必要になります。

リライトする時期

リライトをするタイミングは検索順位が大幅に落ちたとき

リライトをする時期は状況によるので流動的ですが、必ずリライトをするタイミングがあります。

それは、安定していたキーワードの検索順位が大幅に下落したとき

このようなことが起きるときには対策が必要な何らかの問題が発生しているので早急に対処することをおすすめします。

一般的に急激な順位下落がある場合は次の3つのいずれかに該当していることがほとんどです。

  1. キーワードのカニバリ
  2. サイトの大幅な崩れ
  3. Googleのアップデート

もう少し具体的に大幅下落が発生する理由を説明します。

検索順位大幅下落理由 詳細
キーワードのカニバリ ひとつのキーワードを復数の記事で取り上げることによってサイト内で検索順位の取り合いが発生します。キーワードの共食い状態となり検索結果に表示される記事が日々変わってしまい大幅なマイナス変動が発生します。
サイト崩れ サイトの大幅な崩れはユーザーの快適性を落とすので放置しているとユーザーの直帰率や離脱率が大幅に悪化しサイト評価が落ちることによって検索結果表示圏内から消える可能性があります。
Googleアップデート Googleは定期的にアルゴリズムのアップデートを行っています。アップデートの規模や内容によって順位に大きく影響があるジャンルとそうでないジャンルが発生します。Googleアップデートの場合は他サイトも影響を受けることや、実施後にはTwitterなどで公式発表があるので日々SEOの情報を収集していれば実施されたことは必ずわかります。

特に、1と2は日々のサイト巡回やwebマーケティングにより日常的にチェックが必要です。

このように、検索順位の大幅下落はリライトする明確なタイミングになります。

–補足–

人為的なミスによる大幅な検索順位下落の事例を紹介します。

web業界やEC業界の企業でも実際にこのようなミスが問題になることがあるので注意は必要です。

  • ドメインの契約期間が切れた
  • リライトのために記事を下書き状態にした
  • noindexにしていた

リライトの方法

リライトは検索順位によってやることが変わる

リライトは通常の内容変更と異なりSEOの手段という認識が必要です。

したがって『特定のキーワードの検索順位を上げるため』にリライトを行います。

リライトによって検索順位を上げるためには目的がブレないように次の手順で進めてください。

  1. 記事のSEO問題を明確にする
  2. キーワードを整理する
  3. 内部構造も見直す

特に1が正しくできなければリライトとして適切なものではなくなってしまうことに注意が必要です。

ここで言うSEOの問題とは、「キーワードのズレ」や「キーワードのカニバリ」です。

この問題を解決するための具体的なリライト方法は次の通りです。

SEOの問題 りライト方法
キーワードのズレ コンテンツ内容が狙ったキーワードに一致していないことが原因なので、全体的に記事を見直します。その際、しっかりと検索意図を見極めてキーワードに沿った構成として再構築することが必要になる場合があります。
キーワードのカニバリ 他の記事と同じキーワードを共食いしてしまっていることが原因なので、どちらか一方の記事のキーワードをずらします。基本的には1記事1キーワードとなるように2語3語などロングテールキーワードを意識したコンテンツとなるようにリライトをするのがおすすめです。

また、記事の検索順位の範囲で問題が異なるのでリライト方針も変わることに注意しなければなりません。

検索順位 リライト方法
3位〜10位 あと1歩でSEOが完了するラインです。ここまで来ると記事単位ではなくサイトのSEOも関わってきますのでサイトの評価とキーワードの強化を検討しましょう。具体的にはロングテールキーワードの記事を増やす、同ジャンルからの被リンクを獲得する等です。
11位〜15位 10位圏内の記事に比べてオリジナル性や信頼性が不足していることがあります。記事の内容は10位以内の記事と同程度になっていますので「誰がどの立場で書いた」や「独自調査やツール」を追加することを検討しましょう。
15位〜30位 記事の内容に不足がある場合があります。同じキーワードで上位10サイトの内容を確認し、情報の不足が無いようにコンテンツを追加します。その際に全く同じではなく独自コンテンツを追加することも忘れずに。
31位〜100位 記事のキーワードがブレていたり検索意図に沿わない部分があると考えられます。もう一度キーワードの検索意図を見直し、キーワードに沿った専門的なコンテンツとするリライトがおすすめです。
100位圏外 キーワードを意識した記事になっていないかもしれません。SEO記事は作成者の書きたい内容を書くのではなく検索順位が上がる記事にすることが基本です。キーワードについて徹底的に情報収集してコンテンツを再構築する覚悟でのリライトが必要になります。

リライトをする前には必ずキーワードの順位チェックを行いましょう。

少なくとも、2週間程度の順位変動をチェックしたほうが記事の問題点発見に役立ちます。

検索順位チェックツールが無い場合は、Search Consoleの登録から始めてください。

(Google検索:Search Consoleの検索結果

リライトで変化した検索意図に対応

検索意図は丁寧に調べる

狙ったキーワードの検索順位が30位以下の場合、検索意図の見直しを含めたリライトが必要になります。

最初の記事投稿で検索意図を十分に調査しキーワードを含めたSEOをしていたとしても実際に検索順位に反映されなければ何かが足りないという判断をしなければなりません。

更に言えば、検索意図は変わることがあります。

例えば、キーワードに関連することがメディアに取り上げられて検索需要が急上昇し、ユーザーが求めているモノのが変化してしまい順位変動が起こる事例です。

検索意図が大きく変わるパターンは次の2つです。

  1. 検索需要が急激に増えた
  2. Googleアップデート

最近では、TVだけでなくSNSの活用も増えているのでメディアやSNSでの注目が検索需要にも大きく影響することがあります。

特にECサイト運営などでは注意が必要です。

検索意図変化パターン 詳細
メディア露出による検索需要の急増 SNSやマスメディアで紹介されたものが検索に繋がった場合、ユーザーが求めているものが情報から商品へと変化する傾向があります。このような場合、ユーザーの検索意図に直結させるために特定の商品や取り扱いのある大手モールサイトが検索上位に変わることがあります。
Googleアップデート アルゴリズムの変更によって検索結果の内容が大幅に変わることがあります。変動幅はジャンルに違いがあるのでアップデート情報が出ればTwitterなどで情報収集をしながら対策を考えましょう。#Google変動 などのハッシュタグがおすすめです。
実際にキーワードを検索して検索順位の上位10番目ぐらいまでのサイトの見出しや記述内容を参考にする。
関連記事

検索順位が上がりやすい記事を作るならキーワードの検索意図を研究しなければなりません。 検索意図を理解し、キーワードとの関係性を深めた内容の記事にすることで、アフィリエイターでも有名メディアや大手企業が運営するサイトよりも検索順位で上回[…]

検索意図に答える記事構成

必要なのは最新のSEO情報を取り入れたリライト

リライトにはSEOの最新情報を使う

リライトをするときに必ずチェックしなければならないのがGoogleのSEO情報です。

リライトの目的は検索順位を改善することなので、Google検索のシステムに最適化した記事にしなければなりません。

Googleは数か月に1度のペースで小規模なアップデートを行っており、更に1年に1回または2回程度大きなアップデートを行うのが定着しています。

定期的に記事のリライトを行うようになればアップデートのタイミングと重なることがあるので情報収集は欠かせません。

さらに言えば、通常時とGoogleアップデート時のリライトでは情報の判断の仕方が微妙に異なります。

状況 リライト前のSEO情報確認
通常時 現在のSEO情報を収集し基本的なSEOの手順を再確認します。そうすることによってリライトの失敗が減ります。
Google変動発生時 変動発生時は焦らず1週間程度様子見します。最新のSEO情報の収集を積極的に行いますが、変動時の混乱状態ではSNSの情報も不確かなものも多いので公式発表を待ち、落ち着いてからリライトをします。

最近は、Googleのバグで検索順位が大きく変化してしまうこともありました。

しかし、そんなときは数日経てば元に戻ります。

検索順位が大きく落ちると売上も大きく下がるので焦りは大きくなりますが、情報に振り回されることを防ぐためにも「まずは情報収集と様子見」がおすすめです。

このように、リライトは検索1位になるまで定期的に行うことを前提に最新のSEO情報に注意しながらSEO視点で行うことが重要です。