自分には何もないと思っていても大丈夫
hタグの使い方

hタグの使い方とSEOへの効果

hタグの使い方のポイント

hタグの使い方のポイント
hタグの使い方は簡単

SEO対策を考えた記事を作るにはhタグを使った基本構造が必要になります。

ポイントは次の3つです。

  1. h階層を守る
  2. キーワードを入れる
  3. hタグを装飾に使わない

この3つはとても大切です。

SEOを考えた場合、h1やh2にターゲットキーワードを含んでいない記事は十分な構成を練って作られた記事とは言えませんので必ずキーワードは含めましょう。

逆に、ターゲットキーワードと無関係ながらhタグを使った見出しのように文字の大きさや背景を付けたい場合は、hタグではなく装飾タグを使ってください。

そして、hタグを使った見出しの文字数は30文字以内がおすすめです。

hタグの基本ルール

記事作成時にhタグを使うための基本認識をまとめて解説します。

h1タグについて <h1>は1記事に1つ titleタグに書き換え設定も関係する。
記事のキーワードについて 1記事1キーワードの原則というものがある 関連するが別テーマになりそうなときは内部リンク推奨。
h2タグについて <h2>は<h1>を項目に分けて説明するイメージ
h3タグについて <h3>は必ず<h2>の中に入る <h3>は<h1>の項目として説明した<h2>の深堀りとして適量文で説明するイメージ。
見出しの数について <h2>は5個程度が理想 見出しが5個以上あり、有効な見出しの場合はGoogle検索結果にショートカットが表示される可能性がある。
hタグの連続使用について <h2>タグの直後に<h3>を入れるよりも間に少々本文を入れる方が良い <h3>で何について書いているのかを認識させるため。<h3>以降も同様。
画像のhタグ使用について hタグには画像ではなくテキストを利用する どうしても画像をhタグで見出しにするときは最低限altを記入する。
hタグの装飾利用について キーワード途中で<br>を使用しない デザイン用の見出しタグ利用は推奨されていない。

特に難しいことはありません。

この8個のポイントに沿うだけで、SEO記事の基本構造ができます。

見出しと本文の配置パターン

hタグによる見出しを使った記事は一定の構成パターンを守りながら作成していきます。

具体的には、次のようになります。

タイトル <h1>キーワード タイトル</h1> ターゲットキーワードを含める
本文 導入文章 導入文としてh2の内容に繋がっていく文章を入れる
見出し <h2>キーワード+〇〇</h2> タイトルに関連するキーワードを含める
画像 関連画像またはイラスト 見出しに関連する画像を添付すると読みやすい記事になる
本文 本文 見出しに入れたキーワードを含めた文章を入れる
小見出し <h3>〇〇の特徴(専門的な詳細情報→商品でも可能)</h3> 見出しを更に深掘りするキーワードを入れる
本文 説明本文(商品説明など) 更に掘り下げた内容の文章を入れる

見出しのあとには必ず見出しに使ったキーワードを説明する本文を入れるところがポイント。

また、h1としての記事タイトルに使うキーワードと各見出しと小見出しのキーワードの関連性は損なわないように組み立ててください。

この構造は、検索エンジンが適切に記事を読み取りやすくするための方法ですが、見出しや小見出しを使って作成した文章はまとめられた文章になり読み易いものが多いです。

見出しのあとに画像などを差し込むことによって、読みやすい記事になるのでユーザーの離脱を防ぐことができます。

hタグのあとの本文に必要な文字数

本文の文字数はバランスが大切
読みやすさとSEOのバランスが重要

hタグを使った見出しを説明する本文に必要な文字数は、キーワードを説明をするのに十分なテキスト量です。

本文を作るときは、次の4つのポイントのバランスを取ることが大切です。

  1. SEO対策
  2. 読みやすさ
  3. わかりやすさ
  4. 答えとして十分

具体的に言えば、一つの見出しを1ブロックとして考えて300文字程度にするとスムーズに読むことができます。

SEO対策で記事をどれぐらいの文量にするかを考えることも大切ですが、読まれなければ記事の成果は上がらないのでバランスを取ることが重要です。

記事全体ではSEOを考慮してhタグを使った見出し構成を作り、見出し単位では読みやすい文量で記事を作ることを考えましょう。

その他、SEOのコツは下記一覧からどうぞ。