• 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:介護
  • 投稿の最終変更日:2020年2月26日

介護の集客にwebを使いましょう介護の集客

介護事業の集客にはwebを使いましょう。

介護施設では介護支援専門員が紹介してくれる利用者さんを受け入れるのが当たり前のように考えられていますが、既に自分が行きたい介護施設を自分で探す時代に移り変わりつつあります。

Google検索で「大阪市 デイサービス 半日」と検索する人は「大阪市に住んでいて半日デイサービスの利用を検討している人」と考えて良いでしょう。

介護関連のキーワードを検索する目的は「利用したい」または、「知りたい」のどちらかですので、潜在客が検索する状況を想定し、その人が知りたい情報を記事にして検索上位に表示させましょう。そうすれば、記事を読んだ人は高確率であなたの介護施設を利用します。

介護の集客を最大化するためには、webマーケティングで検索ユーザーが何を求めているかを分析しなければなりません。そうすることでユーザーの知りたい欲に対してダイレクトに自分たちの情報を提供できるのでケアマネに対して施設の売り込みをする営業よりも幅広く継続的に効果を出せる集客法にすることができます。

SEO対策

webで集客するためにはGoogle検索やyahoo検索で検索1位から3位に入る必要があります。
検索順位を上げるにはSEO対策が必要になりますが、競合が強ければ検索上位に表示されるまで3ヶ月以上を見込んでおかなければなりません。

web広告

リスティング広告などを使えば、SEO対策をせずにお金の力で上位表示することが可能になります。
自社のサービスを誰に届けたいかを明確にすることが重要ですが、ユーザー自身が関心を持って調べるという行動している分だけ集客に繋げるチャンスが増加します。

集客の活用法集客の活用法

集客は営業だけでなく自社の従業員募集にも使えます。

自社求人ページを検索上位に表示させることができれば、求職者の集客に大きな効果を発揮します。

キーワード選定が重要になりますが、「介護求人+地域名」や「デイサービス+地域名+募集」などのキーワードで検索上位になれば、ハローワークや無料求人サイトのような「条件だけを記載した求人票」による募集よりも良い人材を獲得できるようになります。

自社の求人集客

自社サイトは企業独自のコンテンツで構成されています。それによって求人記事以外からも会社の魅力が伝わりやすくなります。
問題は、どのような検索キーワードで上位に表示させることができるかです。会社名で検索1位になっても知名度がなければ検索してもらうことができません。求人目的の場合は募集に関するキーワードを仕込みましょう。

メディアサイト集客

介護系サイトは、転職サイト・高齢者住宅比較サイト・ブログ・情報共有サイトの4つに分類されます。
介護のみらいのような業務お助けメディアサイトを介護事業者が運営すれば、実務的な知識を提供するサイトを通じて同業他社に勤める職員さんを自社に繋げることができる可能性が生まれます。会社の魅力も合わせてコンテンツにしましょう。

webで情報共有ができる介護の課題

介護で集客を最大化するために情報の統一と効果的な共有の仕組みを整えておかなければなりません。

web集客の効果が出るとアナログによる集客の数倍から数十倍の流入が見込まれます。情報共有の仕組みが整っていなければ急な流入増加への対応ができず、せっかく集客した介護施設の利用者さんや求人応募者に不満を抱かせてしまいます。

情報の遮断は人間関係が一番の原因です。人間関係が悪化すると伝える相手を選んだり、特定の人からの話は聞かないなどということが起こります。そうしたことを避けるにはwebを使って統一された情報を全員に同時に発信できる仕組みを使いましょう。

伝えたい人が、自らの意図するものを皆に平等に、更に正確に伝えるには、発信される情報が一つであることが必要です。

人の流入が増えることを予め告知し、対応指示を含めた情報をwebで共有すれば集客対応に備えることができます。

集客を定着化する仕組み集客の定着化

webにより介護施設の集客力が向上しても流入した人が定着しなければ意味がありません。

介護事業を行う会社で人を定着させるためには従業員が働く環境が最も大切です。介護業界は離職率が高く人材不足ですが、その原因は職場の労働環境が悪いことです。

働き方改革が進んで残業時間や有給休暇の管理が厳しくなっていても、変化を受け入れられない人が上に立ってしまえば不必要に長い研修や会議が強要されます。

働く環境を改善しながら利用者さんへのサービスの質を向上させるためには研修や会議のあり方を見直しましょう。このような状況を解決するのにもwebを使った仕組み作りが便利です。

介護事業で集客から定着までの仕組みを考えるなら、web集客で自社サイトやメディアサイトを育てることと合わせて働く人を大切にした会社作りをすることが一番の近道です。