検索意図と記事構成

ライターに求められるライティング

webサイトの記事や商品ページに価値を付けるためには記事を認知させることが最も大切です。有名メディアや大手企業が運営するサイトは知名度に加えてCMやweb広告と連動すること投資戦略で非常に有利に認知活動を行うことができます。逆に中小企業や新規ショップ、一般アフィリエイターが独自のサイトを運営する場合は大手に比べて知名度も低く広告費の予算投下も難しいので大規模な広報活動はできません。だからこそ中小企業やアフィリエイターはseo対策でweb検索の表示順位を上げる取り組みが必要になります。

対等とは言えませんが、seo対策を考慮した記事作成ができれば有名メディアや大手企業が運営するサイトよりも検索順位で上回ることができるので有利な集客に繋げられる可能性があります。

タダで集客するなら検索順位かSNS

タダで集客できる検索順位とSNS

webライターの仕事は文章を書くことだと考えていればサイトの集客は関係ないと思うでしょうが記事作成を依頼する担当者はお金を掛けずに集客できる記事を想定して依頼しています。お金を掛けずに集客するためには次の2つの方法で記事を発信していくのがおすすめです。

検索順位

検索順位

検索一覧に表示されない限り誰にも読んでもらえないが検索上位に表示できれば持続的な集客ができる

sns

SNS

フォロワー数によってアクセス数が変わるがタイムラインに表示されている間だけのアクセスになる

webサイトの記事は内容が良くてきれいなデザインに作り上げた記事でも存在自体を見つけてもらえない可能性があります。見つけられない良い記事よりも内容やデザインがイマイチだけどアクセスを集られる記事の方が価値が高いということになります。

web担当者とwebライターの共通認識

web担当者とライターの役割

非公開記事や広告用のランディングページ、検索に関係ない記事を制作する場合を除き、記事作成担当者は最優先事項として常にseoに強い記事の作成を求められています。受注する記事制作は主に集客が目的でseo対策を前提としてデザインやwebライティングにもこだわる記事を求められることがほとんどです。この要望に応えられる記事にするためにはwebディレクター、webマーケター、webライター、webデザイナー(コーダー)の4つのweb担当者が必要になります。

webディレクター

webディレクター

サイト全体の構成を担当。担当者を取りまとめ作業を管理する

webマーケター

webマーケター

キーワードや構成、アクセス等を分析しサイト全体の改善改良に繋げる

ライター

webライター

ディレクターの指示書に基づき記事の見出しや本文を作成する

デザイナー

webデザイナー

記事の装飾や画像など見え方のデザインを担当する

チーム作業の場合は担当者が専任でも最低限の共通認識として構成やキーワード、情報選定について理解しておいて頂きたいです。

構成と文法の重要性

構成と文法でライターが優先するもの

webライティングはweb分析を元に印象に残る言葉や人を引きつける文章で購入意欲を高めseo対策まで考えた記事にできるのが理想的ですが完璧にできるwebライターさんはほとんど居ないので安心してください。文章のレベルを上げるなら読書をしたり学校で習ったことを復習して国語力を高めるのがおすすめです。積み重ねが必要なのでスキルとして成熟するまでにかなりの時間が必要であることが難点です。お金を稼ぐ記事を作るという観点で見れば習得するスキルとしてテクニックの方を優先しても良いと思います。稼ぐということを目的にしたwebライティングをする場合は文法よりもseo対策や構成が優先されることがあります。(関連記事→seo分析

構成

構成

構成だけで購買意欲を高めながら一定のseo効果を得られるので検索順位に対する影響力と記事の価値は高い

文法

文法

文法を重視すると読みやすく美しい文章になるが検索順位には無関係。記事が見られる前提がなければ意味がない

発注される記事は集客をしてお金を生むことを目的としています。ですので早い段階で検索上位にならなければ記事の価値を上げることができません。当社ではwebライターさんにも検索順位を意識したwebライティングをお願いしています。

まずは読まれる記事を作る

ライティングの目的

流星株式会社が行うwebライティングの目的は主に「読まれる記事を作ること」と「売れる記事を作ること」の2つのパターンです。

読まれる記事

読まれる記事

時事やコラムなどた多くのユーザーに認知されることを目的とした集客に繋がる記事のことを指します

売れる記事

売れる記事

商品紹介の記事で読み進めるほどに購買意欲が高くなる記事を指します

当社からの依頼は読まれる記事を作ることが中心なのでまずはGoogleとyahooの検索結果一覧の1ページ目に入ることが目標になります。(関連記事→記事作成代行でホームページの問題を解決します)これには記事を投稿してから1か月から3か月程度(ジャンルによってはそれ以上)かかることが多いです。また、検索順位10位以内を実現できる可能性を高くするためにwebライターさんに対してもレベルに応じた「記事の書き方」を案内しています。

記事の書き方を共有する理由は、わかりやすい文章を作れるwebライターさんに共有すれば依頼者の意向に沿った形で記事を作成して頂けるのではないかと考えているためです。

以下、webライティングの参考にしてください。

検索意図は空白から読み取る

キーワードは空白を読む

web検索においてキーワードとは記事や見出しが何について書かれているかを単語で表したものです。人がweb検索を使うのは何か知りたいことがあるときなのでキーワードは「ユーザーが知りたいことそのもの」と言えます。したがってキーワードから「ユーザーが何を知りたくて検索したのか」を正確に読み取り「どんな答えを返せば良いか」を考えます。そのときに参考になるのが実際にgoogle検索でキーワードを検索して表示される1ページ目(検索順位10番目まで)の記事の構成と内容です。当社の運用サイトの『介護のみらい』はその検索意図から、デイサービス業務に従事する職員さんのふとした疑問に応える記事を集めたサイトになりました。

検索意図の読み取り方

キーワードの意味を知ることができれば次は検索者の意図に応える方法を考えます。当社からwebライティングを依頼する場合は検索上位サイトの構成の資料を共有するようにしているのでGoogleが「上位表示する価値あり」と判断しているサイトは「どのような情報を提供しているのか」そして「どんな構造になっているのか」を分析することが必要です。そうすることによって「どんな質問に回答しているのか」を読み取ることができます。

「どんな質問に対して答えればいいのか」がわかればその質問に対する答えとして有益な情報を提供するオリジナルのwebライティングをすれば高い評価を得られる記事になります。

空白と検索意図

空白の意図

キーワードは文字間の空白に意味があります。

空白がある場合はその文字の間に他のワードが入っていても大丈夫です。ただし意味をもたない文字が理想です。(が、は、の、を、から、なら、ならば、だから、などなど)

この間に他のワードが入れば本文の内容次第で主となるキーワードがずれてしまうことがあります。その結果、検索者が知りたいこと(検索意図)に沿えない記事になります。

キーワードルール

キーワードルール

webライターがキーワードを使うときに配慮が必要なのは次のことです。

  1. タイトルや見出しのキーワードは同じ一文の中で収める(句読点などに至る前に入れる)
  2. なるべく近くに配置する(不自然にならない程度に)
  3. タイトルに使うキーワードを見出しにも使用する(1回か2回で文量による)
  4. タイトルや見出しは長過ぎない(タイトル30字以内、見出しは20字以内を目安)
  5. 見出し中の本文にも見出しに入れたキーワードを使う(何について書かれているのかが明確になります)

ドメインパワーの影響力

ドメインパワー

大手企業と中小企業を比べると社会的に信頼性に大きく差がついています。web検索では大企業が運営するサイトと個人サイトの信頼性の差はドメインの優位性として大きな影響を与えます。上場企業や公的団体、市区町村が持つドメインはドメインパワー(ドメインそのものが持つ影響力)が強いと言われています。また、これらの組織が運営するサイトの情報が「正確で有益な情報」だと判断されるのはGoogle検索の表示順序の仕組みがFBやTwitterのイイねの仕組みに似ている部分があるです。Googleの場合は市区町村のホームページのように「皆がこのサイトを見る」だけでなくサイトを訪れて「納得した」または「参考になった」「購入した」という行動サインをシステム(AI)で読み取っています。そのサインが多いサイトほどユーザーが求めていることに対して有益で正しい情報を提供しているサイトとして認識され優先的に上位に表示される傾向があります。

大手メディア

大企業・大手サイト

大手企業や有名メディアなどはユーザーの行動データがたくさん蓄積されているので信用度が高いサイトと認識されやすい

中小個人ドメインパワー

中小・個人サイト

中小企業のサイトや個人サイトは行動データが少ないので情報の正確性が疑われ易く信用度が高いと認めてもらうことが難しい

残念なことに、今の仕組みでは大手企業や有名メディアが運営するサイトの力が強過ぎて「個人サイトが伝える真実」よりも「大手企業が伝える嘘」の方が人の目に付きやすい記事になってしまいます。大手企業や有名メディアは記事の検索順位を上げやすい一方で間違えた情報を流してしまった場合は大規模なクレームやバッシングといった大炎上に発展することがあります。したがって人の目につくサイトほど記事を含め情報発信の正確性と慎重さが求められます。

検索キーワードと記事の書き方

seoキーワード使用方法

当社がwebライターさんに共有する資料は「検索されることが多いキーワード」「タイトルに使うキーワード」「見出しに使うキーワード候補」「検索上位のサイト構成」の4つです。先述した「検索上位のサイト構成」以外と「webライティングのルール」についてそれぞれ説明をしていきます。ただしこの説明は当社がwebライティングを依頼するための独自解釈ですので他の人が言っていることと違う可能性があります。(関連記事→seo対策もできる記事作成!WordPressによる記事作成の基本

以下、キーワードに関しては「webライターの副業」について調べる人に応える記事を作成するときのキーワードを例に説明します。

検索されることが多いキーワード

検索されるキーワード

Google検索で「webライターの副業」について調べるときに使われることが多いキーワードは

「副業 webライター」

ですが、このテーマを更に具体的に知りたい人は「副業 webライター 始め方」など具体的なワードを追加します。

このように「検索されることが多いキーワード」は検索者がより具体的に知りたいことを表したものと言えます。「副業 webライター」を検索する人は「副業としてwebライターを始めたい」と考えている人ということがわかります。

タイトルに使うseoキーワード

タイトルキーワード

これは記事のタイトルに使いたいキーワードです。

「副業 webライター」

※ニュアンスの理解も制作時に共有することが必要です。

キーワード使用の良い例
「副業のwebライターが月5万円稼ぐまでの道のり」

キーワード使用のだめな例
「副業で稼ぎたい!webライターだけで生活するための仕事量を徹底解説」

※これはキーワード配置の良し悪しです。タイトルの付け方を説明するものではありません。

見出しに使うキーワード

見出しキーワード

見出しキーワードの含め方はタイトルと同じです。見出し文は、タイトルのキーワード「副業 webライター」を更に一段掘った見出し文にします。

「副業webライターの確定申告」
「副業禁止の会社でwebライターをする方法」

見出しの場合はキーワードとなる単語全てを含めなければならないわけではなく、自然な見出し文になるように入れる入れないを使い分けます。

見出しに使うキーワード候補は、「副業 webライター」関連の記事でよく使われているワードを選んでいます。これを見出しに含めることで検索する人が知りたいことに応えられる記事内容に近付けることができます。

seoライティングのルール

書き方の配慮

webライティング時に配慮をお願いしているのは次のことです。

  • 読みやすい文章や表現にする
  • 難しい漢字や複雑な表現は読み手がしんどくなるので不要(簡単に読み進められる文章がいいです)
  • 読み進めていくうちに「合わせてこんなことも知りたいだろうな」というヒラメキは取り入れてください
  • 他サイトと文章が被らないようにするために、言い換えや関連ワードを多く使いオリジナルの文章にする
  • 見出しの数は文量に合わせる
  • 小見出しは見出しに合わせる
  • 他サイトのコピーは禁止(参考にするのはOK)
  • 自分の表現による文章を使う

SEO対策になる記事構成(見出しのルール)

記事の構成と階層

ユーザーの検索意図に応えられるwebライターになるためには記事の構成の基本を抑えておく必要があります。当社が考えているスタイルは適切な階層構造に基づいた見出しと本文による記事の構成です。具体的には「見出しの直下には本文または導入文が入る」「見出し直下に見出しは入れない」「画像を見出しに使わない」の3つをルールとしています。

タイトルと見出しの構成(階層構造)

具体的なタイトルと見出しや本文の構造は次の通りです。

(h1)or(title)タイトル
   序文(導入)
(h2)見出し
   本文
(h3)小見出し
   本文
(h3)小見出し
   本文
(h2)見出し
   本文
(h2)まとめ

※h1やtitle、h2の見出しの直下にh3など次の見出しを入れるのではなく若干の本文を挟んでからの次の見出しになることが理想です。(例)h3の場合:h2の本文にh3の導入部分や概要の説明を入れる

記事のゴール

当社では「文章を作ることが得意」「考えるのが得意」「ライティングポリシーを守れる」「修正も柔軟に対応できる」この4つができるwebライターさんを求めています。それは、分析情報を共有して共に相談しながら記事作成をしていただくことで依頼者の理想に近い検索対策用の記事を作ることができると考えているためです。

『調べるきっかけになった疑問は解決し新しい情報まで持ち帰れる記事を作りたい!』

webライターとしてそんな記事を作りませんか?