webマーケティング

webwebマーケティングの意義

私たちがwebマーケティングに取り組む目的は3つあります。

  1. ユーザーが探している答えを提供するため
  2. 私たちが提示する答えを見つけ易くするため
  3. ユーザーと私たちがwin-winの関係であり共に利益を得るため

サイトを運営するうえで、Google、yahoo、bingなど数ある検索エンジンで上位表示を獲得することは非常に重要です。

ユーザーが検索した言葉に対して表示されるサイトは、検索エンジンが分析した行動データなど様々な要素を元に順位が決められています。また、順位には随時変動があり常に最適と判断されるサイトが上位表示される仕組みです。

そのような仕組みの中で、私たちが提示する答えを、多くのユーザーに届けるためには、まずは各検索エンジンで検索順位が5番目以内に入るような評価の高いものにしていかなければなりません。

いくら正しい答えを提示したところで、検索エンジンに評価されるように作れていなければ誰の目にも届きません。

したがって、webマーケティングは、検索エンジンの評価を得るために必須と言えるでしょう。

semSEMの活用

SEM(Search Engine Marketing)は、主にGoogle AnalyticsやGoogleSearch Consoleなどを使用して、検索表示される自サイトを分析します。

また、検索表示以外にも媒体広告を使用することによってキーワード検索に勝る効果を得ることができます。

Google広告を始め、Facebook広告やTwitter広告など、SNS媒体に配信できる広告を使用する場合も検索エンジンを分析し、収益を最大化できる検索キーワードと、広告単価、配信時間及び配信量の調整など、様々なマーケティング過程が存在します。

これらを一括して行う検索エンジンマーケティングに取り組むことで、コストパフォーマンスに優れた収益化につなげることができます。

webマーケティングSEOの必要性

SEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジンに最適化させるための施策で、SEMを行ったうえで、より具体的な対策として検索結果の上位表示を目的としてサイトの最適化を図るためのものになります。

検索順位は日々変動していますが、数ヶ月ごとに検索エンジン自体もアップデートされるため、一度上位に表示されたとしても永遠に継続されるわけではありません。

現在、日本の検索エンジンのシェアはyahooとGoogleでほぼ独占されており、yahooはGoogleの検索エンジンを使用しているため、特にGoogleに最適化していくことが重要になります。

検索上位に表示させ、更に維持するためには検索キーワードの選定、サイト構造、記事内容どれもが重要なものであり専門性の高いスキルが求められます。