健康と介護事業の集客に適したwebの活用方法

介護にwebが必要な理由について介護にwebが必要な理由

介護に関わる仕事は専門的な知識が必要なものばかりですが、ほとんどの人が持っているノウハウを活用できていません。

それは個人も会社も同じです。

特に介護の仕事は、体力的にも精神的にも負担が大きい現場が多いので、別の方法を考える余裕もないのでしょう。

余裕がない状態が続くと、次第にコミュニケーションが崩れ、職場での情報共有ができなくなってしまいます。

ノウハウを活用する、情報を共有する、これらを可能にするのがwebの活用です。

介護でwebを活用するメリットは3つあります。

  1. 研修や指導に使える
  2. 情報共有に使える
  3. 集客に使える

私たちが運営する介護サイト、介護のみらい(https://kaigocafe.jp)は、デイサービスの現場や施設運営で得た知識を共有することを目的としたものです。

webで情報共有ができる情報共有手段の設計

介護の職場では、情報共有は申し送りやカンファレンスなどと呼ばれていることが多いようです。

施設などは24時間稼働で夜勤などがありますし、デイサービスでもパート職員のシフトなどで情報共有が難しい状況になっていませんか?

忙しい介護現場で発生するミスの多くは不注意が原因ですが、根本は情報を伝達する仕組みが破綻していることです。

情報共有や伝達が難しい理由は、伝言ゲーム化です。

施設長が指示した内容が、介護職員に伝わる頃には全く違う解釈になっていることが多々あります。例えしっかりと伝わっていても、翌日になれば違う話になることもあります。

更に、人間関係が悪ければ、指示した人の言い方や伝え方についてまで問題になることがあり、大きな課題にしている会社も多いようです。

伝えたい人が、自らの意図するものを皆に平等に、更に正確に伝えるには、発信される情報が一つであることが必要です。

情報統一の取り組みをするなら、webを使うのが最適です。

研修でwebを活用研修と働き方改革の必要性

介護施設の運営には資質向上のための研修が義務付けられているので研修は必須になります。

しかし、施設などで長時間の研修が行われると残業が増えてしまいます熱血上司のような人が上に立ってしまえば、不必要に長い研修や会議が実施されるようになることも問題です。

介護業界は離職率が高く人材不足ですが、その原因は職場の労働環境が悪いことです。

働き方改革が進み、残業時間や有給休暇の管理が厳しくなりました。

働く時間は減ったけど、仕事の量が減らないため結局残業になってしまっているような場合は、研修や会議のあり方を見直すのが良いでしょう。

このような状況を解決できるのがまさにwebの活用です。

健康と介護もwebで集客する時代です集客への活用とメリット

健康・介護事業の集客にはwebの活用が理想的です。

特に介護施設の利用に至るには、介護支援専門員などを仲介してユーザーに情報が提供されますが、ネット集客を活用すればユーザーが関心を持って調べる行動に対して直接情報を提供することができます。

自分たちのサービスを露出させるためには、webマーケティングを行い、SEMやSEOなどの検索エンジンに対する仕掛けが重要です。

しかし、SEOで検索順位を上昇させるまでには、競合多数やビッグキーワードの場合は、数ヶ月〜1年程度の期間を要します。

その期間の集客に使えるのが、Google広告など検索エンジンに表示されるリスティング広告です。

リスティング広告は検索連動型表示で、検索された言葉に適合するように表示させることができます。

したがって、こちらがターゲットイメージとしてペルソナを設定しておけば高確率で狙ったメッセージをユーザーに直接伝えることが可能になります。

地域、年齢や性別、興味関心などを細かく分析し、私たちのサービスを誰に届けたいかを明確にすることが重要です。

ポスティングチラシのように無差別に投函されてすぐに捨てられるチラシに対して、リスティング広告はユーザー自身が関心を持って調べるという行動している分だけ集客に繋げるチャンスが増加します。

メディアやリスティング広告などを活用し、集客の幅と可能性を拡大できるのがwebを活用した集客の最大のメリットです。