自分には何もないと思っていても大丈夫
検索順位のチェックをして検索順位を上げるヒントにする

検索順位を上げるユーザー心理を掴むSEOとは

検索順位をチェックしていますか?

ホームページで情報発信しているのに全くアクセスが増えない」と悩みを持っていても検索順位を毎日チェックしていない人も多いようです。

中小企業のほとんどが「web集客がうまくいかない」と感じていますが、その原因は「web担当者が検索順位を気にしていない」ということです。

心当たりはありませんか?

ここでは、サイト訪問者数が増えない理由と検索順位の関連性、そして解決方法を説明していきます。

web集客で悩む方の解決のヒントになれば幸いです。

検索ユーザーの訪問数を増やす方法

検索ユーザーの訪問数を増やす

webサイトを使った集客をしたい場合、目安となるのはサイトの訪問者数です。

更に言えば、サイト内にある商品購入ページや会員登録ページなど「成果」に繋がるページの訪問者を増やすことが必要です。

訪問者数を増やす方法はいくつかありますが、ここでは多くの企業が最初に目指していくべき検索ユーザーの訪問数を増やす方法を紹介していきます。

まず、検索ユーザーをサイトに呼び込むためには次の3つが欠かせません。

  • SEO対策によって検索順位を上げる
  • サイトデザインで購入ページへの導線を作る
  • 文章で成果に誘導する

そして、この3つを揃えるためには次の3職種を含めたチームによるサイト制作が理想的です。

  1. webマーケター(SEO担当)
  2. webライター
  3. webデザイナー

月間数十万から数百万PVがある大手企業や集客が得意なメディアののサイトに共通することは、この3職種が1つのチームとして稼働していることです。

更に、これらのチームによって制作されたページや記事が1日数ページずつ投稿され、既存記事の更新も行われています。

このようにできるのは、その企業やメディアがweb集客をすることが利益に繋がるということを理解しているからです。

  • 顧客と繋がることができる(カスタマーコミュニケーション)
  • 収益を生む(アフィリエイトや商品ページ)

そして、これらを実現するために各職種複数名ずつのwebチームを構成しており、外部にも一般からプロまで多数のwebライターさんと契約しています。

このような方法は、たくさんのライターさんを雇うことができ、チームメンバーを充実させることができる予算を確保できる大手企業がほとんどです。

では、大手以外の企業やメディアはどのようにして検索ユーザーを獲得していけばいいのかを説明していきます。

検索順位を上げるには適切な答えと信頼性が必要

検索順位を上げるには記事の信頼性が重要

一般的な規模の企業やメディアがサイトの検索ユーザーの訪問者数を増やすためには、ユーザーが検索したキーワードの検索結果に自分たちのサイトが上位表示されていなければなりません。

更に、一つのキーワードではなく複数のキーワードで検索上位にできるように制作していきます。

具体的には、ページごとに2か月から3か月の期間でGoogle検索で検索順位が1位〜3位にすることを目指します。

なぜ3位までかと言うと、検索順位が4位以下は検索結果のクリック率が5%以下になってしまうので、検索ボリュームが少ないキーワードでは訪問数の大幅増加は見込めないためです。

あなたは、検索順位(GoogleのSearch ranking)のチェックをしていますか?

検索順位ランキングツールや、Googleが提供しているSearch Consoleで調べることができます。

検索順位をチェックすることは、検索ユーザーの訪問を増やすためには欠かせない分析です。

毎日欠かさずにチェックしてください。

検索順位を上げる方法

サイトの訪問者数を増やすなら、まずは検索順位を上げることが最重要課題ですが、検索順位は最初にGoogleにインデックス(登録)された時点で何番目に掲載されるかを当てることはできません。

ですので、最初に掲載されたときからサイトの課題を探し、改善を重ねて検索順位を上げる施策を続けていくことが一つの大きな流れになります。

もし、サイト制作の段階でSEO対策をしっかりと行っていればクローラーの回遊回数が増え、ページを見つけてもらいやすくなり、初期段階から検索結果に掲載されるはずです。

検索順位が上がりやすいサイトにするためには「検索ユーザーが知りたいことに対して的確な回答を示したサイト」を作ることが求められます。

更に、誰が発信した情報かということも重要です。

要するに、検索ユーザーからの質問(キーワード)に対して、「誰がどのような回答をしているか」が大きな基準になっていると考えてください。

この基本的な部分は、ECサイト、オウンドメディア、アフィリエイトブログどれも同じです。

検索エンジンから「ユーザーが知りたいことの答えとして適切」と認められるような形で「商品」や「サービス」「情報」を提供できるコンテンツを制作していきましょう。

キーワードと検索順位の傾向

Googleやyahoo、bingなど様々な検索エンジンがありますが、共通して言えるのはネット検索する人の多くはキーワードを使って調べれば答えを探せることを知っているということです。

「web集客 方法」

このように、2語または3語を空白で区切りるのがキーワードでの検索方法です。

では、ユーザーの知りたいことはなにか?

これは、次の方法でキーワードごとに分析して見つけなければなりません。

  • 知りたいこと:キーワードを分析して予測する
  • 答え:予測に基づき多方面から回答する

検索エンジンは、「web集客 方法」というユーザーからの質問に対して、アルゴリズムによって「適切な情報」と評価したものに検索順位をつけて表示されるようになっています。

ただし、検索エンジンのアルゴリズムは検索エンジンごとに大きく異るので、同じキーワードで検索しても検索結果は全く異なるものになっていることがあります。

例えば、yahoo検索はアルゴリズムがGoogle検索と同じなので検索順位はGoogleとほぼ同じですが、Microsoftの検索エンジンであるbingは全く違うアルゴリズムなので同じ検索順位にはなっていません。

ここでは、「Google検索の評価基準」に着目して更に説明します。

検索エンジンが評価する信頼性の基準

検索順位が決められる材料としてアルゴリズムによる信頼性の評価が重要になります。

基本的には、Googleの検索エンジンが「良いサイト」と評価するのはGoogleの基準に則ったサイトです。

それをざっくり要約すると、次のようになります。

検索ユーザーの質問に対して、必要な情報を揃えて的確な回答をしている

そして、「誰が」答えているかで信頼性が測られています。

  • 政府系組織
  • 都道県や市区町村組織
  • 医療法人
  • 上場企業
  • 中小企業
  • 個人ブロガー

もちろん、上に行くほど信頼性は高いと考えることができますが、ジャンル(業種)によって組織の信頼性が上下することもあります。

そんなときは、その組織が「何を専門にしているのか」という専門性との関連付けも信頼性の上下に関わっているものと考えてください。

要するに、「誰からどのような答えを返すことが適切か」を検索エンジンのアルゴリズムが評価付けをして、検索順位に反映しています。

企業のSEOが失敗する理由

企業のSEOは上司のせいで失敗する

企業のSEOが失敗する理由として多いのは、「上司などweb制作を指揮する人がインターネットに対して無知過ぎる」ことです。

実際のところ、社内でweb集客をするためのサイトを作るとき、担当者が検索順位の仕組みを知っているか否かでweb集客の実現性が大きく変わります。

仕組みを知らなくてもwebマーケティングやSEOなどの専門家と共同で制作すればいいのですが、SEOの専門性を軽視する企業が多いです。

その結果、「検索結果に表示されてはじめてユーザーに見つけてもらえる」という大前提への理解がないまま制作の指揮をとってしまいます。

このような人は、実店舗販売と異なるネットの仕組みの元でどうすれば「見つけてもらえるようになるか」を考えることも難しいので方針を修正することも困難です。

では、どのようにすれば良いでしょうか。

企業のSEO対策を有利にする方法と失敗の原因

もし、企業としてweb集客するためのサイトを作るなら、自社の専門性を活用できるサイトにすることが一番の近道です。

おそらく、これが最も簡単でわかりやすい方法です。

客観的に見て、自社の専門性と集客サイトに一貫性があれば、SEO対策を有利に進めることができるので、検索順位も上げ易くなるでしょう。

結局のところ、企業がweb集客をするには次の3つが重要です。

  • 検索順位の仕組みを理解している
  • 自社の専門性を活用する
  • ゴールに向かう過程を共有している

ところが、日本企業はwebやIT関連の知識が乏しい人がweb関連の事業の責任者に就き、部下に仕事の指示をすることが多く、この3つを踏まえた「的確な指示」ができません。

これが企業のSEOが失敗する原因です。

例えば、webがよくわかっていない社長が外で誰かの話を聞いて社内のwebデザイナーに「集客ができるサイトを作れ」と制作を指示するとどうなるでしょうか?

認識のズレはどこにでも発生する

おそらく、社長から制作指示を受けたwebデザイナーは具体的なサイトイメージがわからないまま制作に入ってしまいます。

この段階で、お互いのイメージは次のようになっています。

社長

  • webサイトを作れば簡単に稼げる
  • サイトなんか簡単に作れる
  • お金はかからない

webデザイナー

  • おしゃれなサイトを作る
  • 集客は自然にできる
  • 作り込みには時間がかかる

この状態で進めると社長の想定と大きく外れた集客できないサイトになり、後でwebデザイナーが大変な苦労をします。

上司の雑な指示が認識のズレを生み、担当者が犠牲になっている企業も多いのではないでしょうか。

例えばこの場合、誰かが社長とwebデザイナーの間に入り、ある程度コミュニケーションをとっていれば、お互いの認識のズレを防げたかもしれません。

webは指示する人が検索順位とSEO対策を理解していることが重要

パソコン操作が苦手な社長がweb集客の指示をする場合、次の方法で問題を軽減できます。

「SEOの仕組みを理解していて、社長と制作担当者の橋渡しをできる人を間に据える」

例えば、ディレクターを導入することが賢い対策になります。

その場合、ディレクターには次のことが求められるでしょう。

  • 社長の考えを正しく解釈して担当者に伝える
  • ITが苦手な社長に理解できるように説明する

指示する者が誰であれ、橋渡しをする人材は双方と円滑なコミュニケーションがとれる人が適任です。

ですが、webデザイナーだけでweb集客の仕組みは作れません。

webデザイナーは、htmlやcssを使ったコーディングができ、「きれい」や「おしゃれ」なサイトを手掛けた経験とそれに必要な画像を制作できるスキルがあります。

ですが、前述の通り、どれだけ見た目が良くても検索エンジンに評価されるサイトになっていなければユーザーにサイトを見つけてもらうことすらできないということに理解が必要です。

では、どうすればいいのかを説明します。

検索順位を上げるための3要素

検索順位を上げるためにSEO対策とwebライティング、webデザインが必要

この記事の冒頭で、web集客ができない決定的な理由として、「web担当者が検索順位を気にしていない」と紹介しました。

それは、検索順位を上げるための3要素が揃っていないことが原因です。

  1. 検索エンジン最適化(SEO対策)
  2. webライティング
  3. デザイン

この3つはweb集客をするための必須条件です。

初期段階で、ざっくりと優先順位を付ければ1=2>>3となります。

例えば、先程のwebデザイナーの場合で言えば、htmlやphp、cssを使ったコーディングができればサイトを立ち上げることは簡単です。

しかし、SEO対策とライティングの知識が足りないので、いつまで経ってもアクセスが増えないサイトになってしまいます。

その理由を少し詳しく説明します。

検索順位に直結するSEO対策

アクセスが無いサイトになる原因は、「検索結果で人目につくところに表示させる」という技術が欠けていることです。

集客のためには、まずGoogleやyahooなどの検索結果で自社のサイトを上位表示させることが絶対条件と言えます。

そのためには、「検索エンジンに評価されるサイト」にしなければなりません。

そこで必要なのがSEO対策です。

SEOは検索エンジン最適化の略称で、検索エンジンにとって最適な形でサイトを作り評価を上げていく手法です。

現在は、Googleの検索エンジンに対するSEOが必要です。

しかし、Googleはその具体的な方法を開示していません。

あくまで、Googleが示す方針に則り、Googleが理想とするサイト構築を行うことが正解に近づく唯一の手段です。

(外部関連サイト:Googleが掲げる10の真実

検索順位を上位にさせるための完全マニュアルはありませんが「そうするための必要な手順」は存在します。

(ちなみに、「絶対に検索1位にできる」などと言っている人は嘘つきなので注意してください)

したがって、SEO対策として必要な手順を知らなければアクセスが無いサイトになることがほぼ確定しています。

文章がSEO対策の軸となる

検索エンジンはサイト評価のために200以上の指標を使っているという話がありますが、主軸となるものは一つです。

それは、「文章」です。

言葉(Word)と文章(Sentence)、そして構成がSEO対策の主軸と言っても過言ではありません。

SEO対策では、サイトの構造や記事の構成、キーワードの選定などを行いますが、どうやってそれを表現するのかを言えば、「文章」に行き着きます。

そして、文章をどのように答えとして使うかが重要です。

文章を適切な構成で使うための参考とするものに検索意図があります。

検索意図と検索順位の関係

検索意図は丁寧に調べる

SEO対策の重要な手順に、「検索意図に沿う」というものがあります。

検索ユーザーは、自分の知りたいこと、求めていることを検索キーワードとして2語または3語の単語で表現します。

それに対してサイト制作者は、読み手となるユーザーに向けて文章で回答しなければなりません。

そのためにも、ユーザーがどのような情報を望んでいるのかを把握しておく必要があります。

これが、GoogleのSEO対策で重要な部分です。

具体的には、ユーザーが検索に使ったキーワードから、感情を考え、その単語を使った意図を読み取るのですが、検索順位はアルゴリズムによって決められているので、実際に読み取るのは検索ユーザーの心の感情ではないところがポイントです。

それが、いわゆる検索意図に沿うということの理解に繋がります。

検索意図に沿う回答とは

検索意図に沿う回答の作り方は少し特殊な方法です。

ここで必要な回答は、一般的な言葉のやり取りで行われるような相手のことを思い遣った単純な答えではありません。

検索者の検索意図に沿い、Googleのアルゴリズムが必要と考えている説明文を含んだ回答

どのようなものが適切なのかは、Googleの判定次第なので、まずはそれを分析する術が必要です。

具体的な「適切な回答の探し方」に次の方法があります。

実際に同じキーワードを検索したときに検索順位の上位10番目ぐらいまでのサイトの記述内容を参考にする

これがおそらく最も簡単な方法です。

既に検索順位が上位になっているサイトは、内容を含めてそのページが既に評価されているからそこに位置していると考えられます。

したがって、その内容に沿った形で回答文をライティングするのが良いでしょう。

更に検索順位を上げるためにはオリジナル性やより深い専門情報を入れるなどページの作り込みが必要です。

このとき、コピペなどで同じ内容にしてしまうのはGoogleの基準に反し、ペナルティの可能性があるので避けてください。

検索意図に沿うという意味を理解し、回答を提示できるようにSEO対策をすれば、「商品」でも「サービス」でも「情報」でも適切な答えとして評価を求めることができます。

関連記事

検索順位が上がりやすい記事を作るならキーワードの検索意図を研究しなければなりません。 検索意図を理解し、キーワードとの関係性を深めた内容の記事にすることで、アフィリエイターでも有名メディアや大手企業が運営するサイトよりも検索順位で上回[…]

検索意図に答える記事構成

検索順位至上主義のリスク

検索エンジンの評価は最新アップデートされたAIなどを使ったアルゴリズムによる自動判定です。

精度は高いものの、言語の違いなどから意図しない物が正しい情報と判定されるエラーが生じます。

要は、「検索順位の上の方に表示されているサイトの情報が正しいとは限らない」というリスクです。

極論を言えば、Googleなどの検索エンジンが正しいと判定すれば、実際には間違っている答えでも適切な回答とみなされて検索結果の上位に表示されることがあります。

例えば、「個人の正しい回答よりも大企業や政府が出した間違えた答えの閲覧が多くなる」ということがあります。

これは、先述した信頼性の判定方法による弊害です。

もし、上場企業のような信頼性が高い運営者によるサイトが検索結果の上位に表示されていれば、閲覧した多くの人がそれが正しい情報だと誤認してしまいます。

その状況が放置されると、ネットユーザーとネットを使用しない人の間で正しい答えの認識が変わることもありえます。

もちろん、間違えた情報を発信したリスクは大きいです。

間違えた答えが検索上位に表示され、たくさんの人が「それは間違いだ」と気付いた時にはサイト運営者の社会的信頼は著しく低下します。

特に現在はSNSなどで情報拡散が早いので、数時間でトレンドになり悪いニュースとして有名になってしまうかもしれません。

このようにならないためには、サイトには常に正しい情報を掲載することが重要です。

そのうえで、どんな記事にすればいいのかを説明します。

文章を作るwebライティングの技術

文章を作るwebライターの技術

検索意図を読み取り、意図に沿っていると判定される回答を提示する。

それを文章として表現するスキルがwebライティングです。

webライティングと本などを執筆するライティングの違いは次の3つの差です。

  1. 検索意図を考慮する
  2. サイトの趣向に合わせる
  3. 記事ごとに専門性を追求する

また、webライティングは、文章の作り方も記事単位で柔軟に対応しなければなりません。

  • モノを売るためのサイト→売るための文章
  • 情報提供サイト→説明文

このように、使い分けがとても大切です。

検索意図を読み取り、サイトに合う形で検索エンジンに最適化しながら正しい回答をする記事を書くこと」がwebライターの仕事です。

webライターの専門性はSEOに有利

webライターは、サイトの趣向の沿うためにもターゲットとなるユーザーの属性や、扱うジャンルについての知識と対応力が必要になります。

その中でも、SEO対策に特化したwebライターはSEOライターとも言われ希少価値は高いです。

SEOライターは、SEO対策を理解した上で記事作成ができるライターで、どんなジャンルでも検索順位の上位20位以内ぐらいに入る可能性がある記事を作成することができます。

(先述の通り、どれだけ良い記事でも記事だけでは検索順位の決定要素にはなりません)

もし、更に検索順位を上げたいなら専門知識を持つwebライターによる執筆を考えましょう。

ですが、専門知識を優先するとSEOの知識には欠けるwebライターに依頼することも仕方ないと考えるべきです。

その場合は、ディレクターが構成を指示するなど、サポートすることで効果的な記事を作ることができます。

業界の専門資格や知識が裏付けできるwebライターが書く記事は、専門的なところまでわかりやすく言及したものにできるので、専門性が評価されるという意味でSEOに有効で検索順位が上がりやすいという傾向があります。

検索順位の上位化を目指すなら、webライターは別途必要です。育てることも含めて、外注契約を使ってでも専属で確保がしておくことをおすすめします。

関連記事

「WordPressのSEOを知りたい」 WordPressを使ったサイト作成でseo対策をしたいけど記事の上位表示が遠くて困っていませんか? この記事ではGoogle検索で上位表示になりやすいseo対策記事の作り方とサイト設計[…]

WordPressでSEO対策になる記事設計の方法

webデザインは直帰率や滞在時間に影響する

デザインでサイト導線を作って誘導する

webデザインは、ユーザーがサイトを回遊するための導線となり、サイトの滞在時間や回遊ページ数に大きな影響を与えます。

特に、サイトの目的が集客や商品の購入の場合、次の4つの指標はデザインによって大きく変わります。

  1. 直帰率
  2. 滞在時間
  3. 回遊率
  4. 離脱率

直帰率や回遊率はサイトの成果に関わる重要なポイントです。

一般的には、直帰率や離脱率は低いほうが良いですし、滞在時間は長いほうが良いと言われています。

また、webページの成果を高めるためには、次のようにページの役割と目的を理解したうえで制作することが重要です。

  • ECサイト→商品やカートへの導線
  • 集客サイト→会員登録や予約ページ
  • ブログ→アフィリエイトリンクへの誘導

その際、webデザイナーだけにサイトを制作を担当させるのはリスクが大きいので避けた方が無難です。

サイト制作は偏った職種だけで進めるよりも複数の職種が関わりながら制作する方が成果が出る可能性は上がります。

少なくとも、ライターが作成した原稿を元に、ディレクターなどと相談しながらSEOを考慮したページに仕上げていく手順は作っておきたいところです。

最近は、中小企業でもホームページ制作やECサイト制作のためにwebデザイナーを数名が勤務していることが増えています。

では、なぜwebデザイナーだけに任せるとリスクが大きいかを説明します。

webデザイナーの本来の役割

webデザイナーは、検索ユーザーが流入したあとのユーザー導線を追求し、目的のページに誘導させるためのサイトデザインを作り上げるのが本来の仕事です。

ですが、ほとんどのwebデザイナーは兼任で色々な仕事を抱えているため、一度ページが完成するとその時点で手を加えることをやめてしまいます。

余程の変更がない限り、一度作り上げたものを崩す覚悟で改善する人は殆どいません。

webサイトの検索順位を上げることを目標にするなら、サイトの改善作業は日々行っていくことがベストです。

そしてページ作成について、次の3つを理解しておくことが大切です。

  • ページの役割とゴール
  • 一度作ったページは改善ありき
  • ユーザー体験を徹底的に分析する

ユーザー体験を徹底的に分析し、成果に繋げる導線を作ることはSEO対策の一部となってきいます。

webデザインによってユーザー体験を向上させることができれば訪問者に十分な情報を提供するための時間を確保できているとみなされるところが重要なポイントです。

次に、なぜコーディングスキルがあり、見た目の良いサイトを作れるwebデザイナーが「サイトは改善するもの」という本来の役割ができないのか、その理由を説明します。

企業のwebデザイナーが改善にこだわらない理由

サイトを改善で最も多いのは、検索順位を上げるためのSEO対策によるものです。

記事の内容変更やサイトの構造を変更する際、レイアウトやデザインの変更作業や更新作業は必ずセットとして付いてきます。

ですが、これをしたくない人がとても多いです。

その理由は次の3つです。

  1. 必要な知識の専門領域が異なる(わからない)
  2. SEO対策は試行錯誤とテストの繰り返し(面倒)
  3. 時間がない(忙しい)

この3つはどんな企業でも共通しているのではないでしょうか。

専門領域の違いによる意欲の差

この中で最も影響が大きいのは、専門領域の違いです。

おそらく、webデザイナーが勉強するなら自分の業務に直接関わるサイトのデザインやコーディングの知識を優先するはずです。

SEOは、世界中でたくさんの企業や個人が専門にして日々研究開発に取り組んでいます。専門業務ではない人がSEOに関する知識を習得する機会は、せいぜい誰かのブログやメディアの記事をたまに読むぐらいなので、なかなか専門性は高めることができません。

習得するには、実際に自分で日々の改善や試行錯誤のPDCAを研究する必要がありますので、片手間で習得していくのは限られた人以外は難しいのではないでしょうか。

本来であれば、最低限のことは担当者同士で知識共有しておかなければなりません。

試行錯誤とPDCAのループ

SEO対策で最も重要なのは分析と試行錯誤の繰り返しです。

ページを制作するときには、しっかりとページのテーマ研究をした上でSEO対策を含めた設計が必要です。

また、ページ完成後は検索順位チェックツールやGoogleAnalytics、ヒートマップのような分析ツールを用いて、検索流入から回遊や離脱、滞在時間など、様々な視点から成果に繋げるための施策を行います。

これは、検索順位を上げるためだけでなく、流入するユーザーが増えれば増えるほどに実際に成果に繋がるルートが出来るまで繰り返し改善を続けなければなりません。

超高速でPDCAを回すと言われますが、日々サイト上の課題を見つけて分析し改善を施し効果測定をする。その繰り返しが永遠に必要です。

時間がないと言う人が多い

このように、専門領域が違う上に、改善するためには終わりの無いPDCAを常に行わなければなりません。

webデザイナーさんの多くはサイト制作だけでなく、販売する商品の画像やサイトに使う素材の制作もしなければならないので、「サイト改善」や「検索順位を上げるためのSEO対策」に費やす時間はないと考えています。

その結果、一度作ったページはそれで終わり。

こうなる理由として次のように話す人が多いです。

  1. 時間がないからできない
  2. 画像の制作が優先
  3. これだけやってる訳じゃないので

このように、一度作ったページの見直しを積極的に行うデザイナーさんは極めて少数です。

これでは検索順位が上がらないだけでなく、ページが完成したときが一番マシな状態になります。

これは意識のズレが原因です。

  1. 何のためのサイトか?
  2. 目的実現のための条件は何か?

「自分は良いサイトを作っているのに評価されていない」と思っているwebデザイナーさんは、この部分が足りていないことが多いです。

webデザイナーさんに本来の役割を担ってもらうためには、webデザインの本来の目的とwebデザイナーとして果たすべき役割をしっかりと共有できるようにすることが問題解決の第一歩になるのではないでしょうか。

検索順位が上がるまでの期間にできること

検索順位が上がるまでweb広告で集客

どれだけ有効なSEO対策をしたとしても、検索順位が上がるまでには3か月〜6か月ほど必要になることがあります。

実はweb集客をするためには、サイトを制作を進めながら検索順位が上がるまでの間にできる施策も同時進行しておくことが必要です。

この期間にできることの例として次の3つがあります。

  • web広告
  • SNS
  • プレスリリース

具体的には、検索順位を上がるまでの期間は、認知度アップのための施策を行うことをおすすめします。

広報ツールとしてSNSを活用する

SNSは立ち上げたサイトの検索順位が上がるまでの期間だけでなく、潜在ユーザーの開拓やコミュニケーションツールとしてフル活用することができるため、企業広報でも多く使われています。

よく使われるSNSは、Instagram、Twitter、LINEなどですが、制作が可能であればYouTubeなども選択肢の一つです。

これらはどれも無料からできることなので、扱うサービスのターゲットユーザーが頻繁に利用するSNSサービスで写真や投稿を積極的に行ってください。

web広告の課題とメリット

web広告では、Google広告やyahoo広告、LINE広告などを利用して商品やサービス、またはメディアサイトの認知度を高める施策を行うことができます。

ネット広告やSNSは、日本だけでなく選択すれば世界中、様々な言語で配信することも可能なので企業として狙う顧客ターゲットに対してアピールすることが可能です。

一方で、広告の場合は多額の予算がかかるものなので、広告費を獲得するための交渉や検討が必要になります。

新たなサービスのネット集客に取り組む場合、ネットという環境の中でできることをフル活用していくことが必要です。

そして、失敗があったとしても取り組んだこと全てが成果に繋がりますので、検索順位を上げると共にサービスの認知度を高めていきましょう。

キーワード選定は検索順位の上げ方とSEOの重要項目

キーワード選定がSEOの重要項目

Google検索のSEO施策を進めることで検索順位が上げ、検索ユーザーの訪問者数を増やす方法を説明してきました。

また、検索順位が上がるまでの期間にweb広告で認知度を高めたり集客ができることを紹介しました。

これまで説明してきた次の3つの中には重要な共通点があります。

  1. 検索順位を上げること
  2. SEO対策
  3. web広告

この3つの共通点が、「キーワード選定」です。

キーワード選定は、訪問者数の母数に直結します。

最後に、覚えておきたい3つのポイントを説明していきます。

検索順位を上げるキーワード

検索順位を上げるためのサイト施策を行う中で、前提として大切なのが「どのキーワードの検索順位を上げるか」です。

上げるべきキーワードを間違えると、検索順位が1位になっても全く訪問者が無いサイトになってしまいます。

訪問者が見込めるキーワードを選ぶ」ということが絶対に覚えておきたいポイントの一つです。

SEO対策としてのキーワード

SEOにおいてもキーワード選定はとても重要です。

SEO対策の過程として検索意図の研究が必要ですが、その際に「検索順位を上げることができるキーワードか」ということをしっかりと確認しなければなりません。

キーワードには、Googleが検索意図の結果として絶対に上位表示できないものが存在します。

上げることができないキーワードに対して集中してSEO対策を行うことは無駄な労力と時間の浪費につながってしまいます。

検索順位を上げることができるキーワードを選ぶ」ことが2つ目のポイントです。

検索連動型広告に使うキーワード

Google広告など、web広告には検索連動型広告というものがあります。

指定したキーワードを検索したユーザーに対して、テキスト型の広告が検索結果に表示され、ユーザーが表示をクリックするごとに課金される仕組みです。

検索結果の上部に表示させることができるので、検索順位1位〜3位ぐらいになるのと同等数の流入効果は見込めます。

最も効果的なのは、検索連動型広告では、検索上位にできていないキーワードを指定することもできるので、幅広いユーザーに関心を持たせることができる点です。

しかし、広告を表示させるキーワードは何でもいいという訳ではありません。

関連性のないキーワードを選んでしまうと、無駄に広告費を使うだけになってしまいますので、「サービスや商品に関連したキーワード」を選び、購入に繋げるように誘導することが求められます。

サービスに関連性があり、関心度や購買意欲が高いキーワードを選ぶ」ことが3つ目のポイントです。

キーワード選定とweb広告を代行可能です。

詳細はコチラをご確認ください。

流星株式会社

記事作成ができなくて会社のホームページが放置されていませんか?放置は見えない機会損失を生み続けます。流星株式会社は記事作…