自分には何もないと思っていても大丈夫
webデザインとSEOの目的

webデザインとSEOの目的と改善

コアウェブバイタルとwebデザイン

デザインでサイト導線を作って誘導する

最近のGoogle検索アルゴリズムは、「見た目だけ」や「情報量だけ」のようにコンテンツの質が偏っていると上位表示が難しくなっています。

Google SEOはコンテンツの質が総合的に評価される時代になり、「有意義な情報」と「視覚的な安定性」と「快適な操作性」が欠かせません。

これは、webサイトはユーザーに寄り添うものでなければならないと考えるGoogleの方針でもあります。

Googleは、検索アルゴリズムの指標にコアウェブバイタル(Core Web Vitals)を組み入れるということを発表しています。(Google Developers 2020年5月11日の記事:Web Vitals の概要: サイトの健全性を示す重要指標

このことから、今後は更にこの傾向が強くなっていくと考えてサイト制作をしなければなりません。

発表された記事の内容は、ウェブの共通シグナルであるコアウェブバイタルで主に3つの指標を測定しサイトの評価の参考にしていくというものでした。

指標名 具体的な意味 内容の要約
LCP(Largest Contentful Paint) 読み込み時間 読み込み速度が早いとユーザーは有意義なコンテンツをより早く見つけることができるよね!
FID(First Input Delay) 操作に対する反応 操作に対する反応が遅いページはユーザーにストレスを与えているよね!
CLS(Cumulative Layout Shift) 視覚的なの安定性 表示されるページのレイアウトが崩れていると不快に感じるユーザーもいるよね!

このように、読み込み時間、インタラクティブ性、ページ コンテンツの視覚的な安定性を数値化して測定すれば「ユーザーがページを操作してどう感じたかを評価することができる」と考えていることがわかります。

コアウェブバイタルとSEO

コンテンツの質を優先するが同程度のサイトが多いときはコアウェブバイタルも重要

コアウェブバイタルとSEOの関係について、Googleの担当者はTwitterで「コアウェブバイタルの指標の良し悪しで検索順位は決まらない」と名言しています。

このことから、コアウェブバイタルの指標を良くするだけで検索順位は上がらないという認識が必要です。

webサイトは、古くなったサイトや記事でも上位表示され続けているものもたくさんありますよね。

具体的に言えば、レスポンシブデザインに対応していない官公庁や病院のサイトや論文などがそれにあたります。

なぜ上位に必要なのか どこが評価されているのか 検索から除外するとどうなるか
コンテンツが別の重要な記事に引用されたりリンクで関連付けられている 自然な外部リンクを多く受けておりページ価値が著しく高い 根拠となるコンテンツを検索から除外するとGoogleが扱う情報の信頼性が落ちる

重要な記事に引用されているページを「表示の対応が悪いから」との理由で検索順位から除外してしまえばGoogleが扱う情報の信頼性まで落ちてしまう可能性があります。

つまり、今後Googleがコアウェブバイタルを指標に取り入れ始めたとしても、有意義なページならコアウェブバイタルのマイナス要因より記事の質が優先的に評価されていくのではないでしょうか。

このことから、コアウェブバイタルとSEOは次のような関係と考えられます。

ページの内容>>コアウェブバイタル

コアウェブバイタルとページの内容の評価は同等ではなく、あくまで同等の質または評価の記事が復数あった場合に順位付けるための要素です。

デザインでコアウェブバイタルを改善する

サイト表示が遅ければコンテンツの質が良くてもユーザーは見る前に離れる

コアウェブバイタルは直接的に検索順位を上げるものではないとはいえ、できることならばサイトを最適な状態にしておきたいですよね。

コアウェブバイタルの改善は、主に次の3つのことに配慮したサイトデザインがポイントになります。

  • 読み込み速度
  • モバイル表示の最適化
  • コードの最適化

最近は、モバイル表示対応していることが当たり前になっているので、サイトやページの読み込み速度が課題として残るはずです。

ユーザーに有意義なページを提供しようと、ページを充実させるために画像や動画、プログラムをたくさん使用すればその分だけ読み込みに時間がかかってしまいます。

どんなに優れたデザインでもサイト表示が遅ければユーザーはストレスを感じてコンテンツを見る前にページを離れてしまう可能性が高いです。

したがって、コンテンツをたくさん注ぎ込み充実したページを作る予定の場合でも読み込み速度に配慮したページデザインにしてください。

ページの読み込み速度を測定するためには、次のサイトが役立ちます。

(Googleの測定サイト:PageSpeed Insights

これはGoogleが提供する測定ツールですが、サイト速度を測定するだけでなく改善の方法も提案してくれるので対応できるところから進めていくと良いでしょう。

webデザインでSEOを改善する

直帰率が下がり滞在時間が伸びてリンクを踏めばページが有意義と評価されやすい

ユーザーがサイトを回遊するための導線を作り、ページの直帰率を下げて滞在時間を伸ばす施策をすればSEOの改善に繋がります。

SEOを改善するためにwebデザインを調整する場合は、Googleアナリティクスやヒートマップツールを使って数値化された指標を元に進めることがポイントです。

このときに使う指標は次の4つです。

  1. セッション
  2. 直帰率
  3. 滞在時間
  4. コンバージョン率

Googleアナリティクスで見れるこの4つの指標の目安をあげてみました。

項目 数値の目安
セッション どのページに集客して、そこからコンバージョンページへの導線をセッションをもとに観察することができます。必要なセッション数はコンバージョン率と目標売上から逆算しましょう。
直帰率 ページの種類にもよりますが、70%ぐらいなら良い方です。ただしECサイトのようにTOPページから分岐する場合はTOPページの直帰率は30%以下にしたいところです。
滞在時間 客観的に見て、文章を読みながら購入ボタンまで到達する時間の半分ぐらいあれば十分。
コンバージョン率 最初は仮説に基づいたコンバージョン率を算出しますが、データを取れるぐらいにコンバージョンが発生するようになれば前年、前月などと比較しながら設定します。

これらの指標をもとにSEOを行う場合は、サイト内でユーザーの問題を解決できるように設計することが必要です。

このときに「SEOで評価されるのはユーザーの問題を解決できるページ」というGoogle的な考え方がポイントになります。

内部リンクを使って説明記事からコンバージョンページに誘導する形を作れば、説明記事の直帰率や滞在時間の数値が良くなりページ価値が上がるためSEOの改善に貢献します。

デザインとSEOの完成とは

放置しても稼げるページになれば完成

SEOの完成地点とデザインの完成地点について考えたことはありますか?

SEOは目標は1つなのでわかりやすいですが、デザインの完成地点は勘違いしているwebデザイナーさんが多いです。

つまり、webサイトにおけるデザインの完成は「ページを公開した段階」ではありません。

具体的に表すと次のようになります。

SEOの完成地点 デザインの完成地点
狙ったキーワードで検索順位1位になる 日常的に売上を獲得する

デザインはweb上に公開した段階がスタートで、売上の最大化を目指して改善に取り組むところまでが制作の役割になります。

ECサイトや企業サイトの制作担当デザイナーは完成したページの変更とSEO対策を嫌がる傾向にありますが、その理由は次の2つのことです。

  • 正解が無い変更作業が必要
  • 修正の繰り返しが必要

要するに、「SEOはとても面倒」と感じています。

ですが、ページを作る目的は売上を作るためなので、デザインの完成地点を改めてもらいましょう。

SEOもデザインも含めて、『放置していても稼げるページ』ができたときに初めて完成と言えるものです。