マルチ分析

分析の意義分析の意義

私たちが考える分析は次の3つを実現することが目的です。

  1. 勘を裏付けるため
  2. 新たな戦略立案のため
  3. 収益を高めるため

人の勘を頼りに事業を進めてしまうと、成功も失敗もすべてその人に左右されてしまいますが、分析したデータで裏付けることができれば、誰もが成功する可能性が高い方法を選択できます。

特に戦略立案の場面では、裏付けがあるものは価値の高い武器となるので、誰かの判断に依存するのではなく、分析データを元に議論のうえ戦略立案ができるようになれば、企業としてもリスクヘッジをしながら収益の追求することができます。

深く分析した経験は、説得力に直結するので事業が進みやすくなります。

分析の必要性について分析の必要性

web分析は、サイト流入・滞在時間・回遊・コンバージョンなどを計測するサイト内部の行動分析と、メディア・検索エンジン・検索キーワード・属性などを計測するユーザー分析を行います。

私たちが得意とする分析は、健康や介護など人の生活に深く関わるジャンルの分析です。

特に高齢者の健康や、介護においては、事業運営や指導のノウハウがあるので、有意義な情報を提供することができるだけでなく、ユーザー分析を活用してオウンドメディア化だけでなく、事業の集客へと繋げることができます。

健康や介護に関わる情報を求めている人に対して、価値のある答えを提供するために、価値のある答えとは何かというところから提案し、作り上げていくことが可能です。

分析の活用について分析の活用

分析で大切なことは、手法や理論ではありません。

私たちが考える分析とは、多職種が協同で議論に参加できるものです。

マーケティング理論や分析手法はたくさんありますが、活用できなければ全く意味の無いものになってしまいます。データや資料も複雑になるほど興味が薄れるため、多くの人が議論に参加できるものにするためには可視化と共有が必要です。

専門が異なる多職種が複数集まり協同すれば、どのような事業でも良い戦略立案が可能になります。その議論の中心にある共通の材料として分析が求められます。